競馬ニュース速報|予想結果まとめ

競馬(jra)の予想や結果などを紹介します。重賞のレース後の騎手コメントなども紹介していきます。競馬生涯収支マイナス500万円の管理人の予想も公開していきます。生涯収支プラスになるようにがんばります。

NST賞の特別登録馬と傾向!

夏競馬やっぱりむずかしいですね。今後、降級馬もいなくなるようなので、本当に大変ですよね。

 

さて今週もWIN5対象レースは4レースなので、またまた難しい500マン下のレースが組み込まれる難しさがあります。

 

なんで夏は500万下を入れるんですかね。

 

NST賞の特別登録馬の紹介!


サラ系3歳以上 (混合)(特指)オープン ハンデ 1200m ダート・左


ウォータールルド 55.0
エイシンローリン 54.0
カジキ 55.0
キョウエイアシュラ 54.0
ショウナンアチーヴ 54.0
シンボリディスコ 54.0
スウィープアウェイ 53.0
ストロングトリトン 52.0
トキノゲンジ 54.0
ドラゴンゲート 52.0
ナガラオリオン 56.0
ニットウスバル 55.0
ブルミラコロ 55.0
プロトコル 55.0
ポメグラネイト 54.0
マイネルバールマン 52.0
マキャヴィティ 55.0

 

NST賞の傾向!

8枠の複勝率33.3%

先行馬 複勝率59.3%

サクラバクシンオー産駒が活躍!

栗東ステークス組が過去2勝!

440~459kgの複勝率37.5%

 

NST賞の注目馬!

ニットウスバルにします。

 

オープンでも活躍している実績馬だけにここはねらい目だと思います。WIN5はこの馬1頭で絞ろうと思います。

第52回 テレビ西日本賞北九州記念(GIII)の傾向と注目馬!

第52回 テレビ西日本北九州記念(GIII)の特別登録馬


サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン ハンデ 1200m 芝・右


アクティブミノル 56.0
アルティマブラッド 53.0
エイシンブルズアイ 56.0
オウノミチ 54.0
オーヴィレール 53.0
キングハート 56.0
ダイアナヘイロー 53.0
ダイシンサンダー 55.0
ツィンクルソード 54.0
テイエムゲッタドン 50.0
トウカイセンス 52.0
ナガラオリオン 56.0
ナリタスターワン 55.0
バクシンテイオー 56.0
ファインニードル 55.0
プレイズエターナル 55.0
ポメグラネイト 53.0
ミッキーラブソング 56.0
ラインスピリット 56.0
ラヴァーズポイント 52.0

 

第52回 テレビ西日本北九州記念(GIII)の傾向

・枠順の複勝率は4枠が30%なので、比較的どの枠でもチャンスあり

・差し馬お複勝率が46.7%

サクラバクシンオー産駒が活躍過去10年で4勝

・前走アイビスサマーダッシュ組が好成績

・人気薄でも好走実績あり!

 

第52回 テレビ西日本北九州記念(GIII)の注目馬

注目はアクティブミノルにします。逃げ先行馬ですが、実績からいうとこの馬が一番良いとおもうので、最近実績的にはいまいちですがミッキーラブソングも小倉競馬場が相性がいいので、気になる1頭ではありますね。

 

それとも唯一のバクシンオー産駒のバクシンテイオーが活躍するのかも気になるところですね。

第53回 札幌記念(GII)の傾向と注目馬の紹介

いよいよ札幌記念ですね。夏のG1と言ってもいいほど、札幌記念のメンバーは結構豪華ですよね。今年は、G1馬はいないものもG1で好走している馬もたくさん走っているので、注目ですね。


第53回 札幌記念(GII)の特別登録馬の紹介!


サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン 定量 2000m 芝・右
アングライフェン 57.0
エアスピネル 57.0
サウンズオブアース 57.0
サクラアンプルール 57.0
サングラス 57.0
タマモベストプレイ 57.0
ツクバアズマオー 57.0
ディサイファ 57.0
ナリタハリケーン 57.0
マイネルミラノ 57.0
マウントロブソン 57.0
ヤマカツエース 57.0
ロードヴァンドール 57.0

 

 

第53回 札幌記念(GII)の傾向

・3枠の複勝率38.9%

・先行馬が複勝率50%

ジャングルポケット産駒、ディープインパクト産駒が活躍

 

3歳馬が活躍しているようですが、今年の3歳馬は出走しないようですね。

 

第53回 札幌記念(GII)の注目馬

札幌記念勝ち馬は、そのまま天皇賞に直行して優勝している馬が多くここで勝つ馬や好走する馬は今後活躍する馬です。

 

なので、今後G1で活躍しそうな先行馬を選ぶと良いと私は考えます。

 

今のところ私が注目しているのはマウントロブソンです。実績から考えるとヤマカツエースですが、マウント路蕪村の前走を考えると完璧復活したと思います。

 

ハイレベルの4歳世代で洋芝もあいそうなので、非常に楽しみです。