競馬ニュース速報|予想結果まとめ

競馬(jra)の予想や結果などを紹介します。重賞のレース後の騎手コメントなども紹介していきます。競馬生涯収支マイナス500万円の管理人の予想も公開していきます。生涯収支プラスになるようにがんばります。

第34回エプソムカップの傾向と注目馬を紹介!【WIN5対象レース】

スポンサードリンク

エプソムカップといえば、過去に、ジャスタウェイダークシャドウクラレントエイシンデュピティーなどG1でも好走してきた馬がいます。今後のG1戦線でも活躍を広げていく可能性もあるので、天皇賞秋なども視野に入れて予想していきましょう。

 

今年は結構骨っぽいメンバーがそろっているので、今年の勝ち馬から秋のG1で活躍する可能性は十分にひめていると思います。

 

第34回エプソムカップの登録馬!
サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン 別定 1800m 芝・左

アストラエンブレム 56.0
カムフィー 56.0
クラリティシチー 56.0
クラリティスカイ 56.0
タイセイサミット 56.0
ダッシングブレイズ 56.0
デンコウアンジュ 54.0
トーセンレーヴ 57.0
ナスノセイカン 56.0
パドルウィール 56.0
バーディーイーグル 56.0
ヒストリカル 57.0
フルーキー 58.0
ベルーフ 56.0
マイネルハニー 56.0
マイネルミラノ 58.0
メドウラーク 56.0
リーサルウェポン 54.0
レッドレイヴン 56.0

 

エプソムカップの傾向

・内枠有利!

・差し先行有利どちらかというと差し馬がおすすめ

マイラーズカップ組が3-2-1-7と複勝率50%

・リピーターが好走する傾向にあるのでリピーターには注意

 

以上がエプソムカップの傾向です。今年はマイラーズカップ組はいないので、こちらのデータは参考外になりますね。

 

今のところ、この部分を踏まえると相手には絶対に入れておきたい馬は、フルーキーマイネルミラノトーセンレーヴは抑えておきたいですね。

 

今のところ私が本命にしようと考えているのは、クラリティースカイです!NHKマイルの勝ち馬なので、東京コースも不安がなく、斤量も前走よりも軽くなるので、枠がうち目にはいれば迷うことなく、本命にしようと思います。おそらく1,2番人気になると思いますが、エプソムカップ過去の優勝馬をみると人気薄が勝つパターンは少ないので、問題もない気がします。

 

※補足 エプソムカップ過去の優勝馬

2016年ルージュバック(1番人気)

2015年エイシンヒカリ(2番人気)

2014年ディサイファ(2番人気)

2013年クラレント(4番人気)

2012年トーセンレーヴ(1番人気)

2011年ダークシャドウ(1番人気)

2010年セイウンワンダー(1番人気)

2009年シンゲン(1番人気)

2008年サンライズマックス(4番人気)

2007年エイシンデュピティー(5番人気)

 

となっており、過去10年の間でも、5番人気いないで決まっていますし、比較的1.2番人気が馬券内にきていますので、固くねらってもよさそうなレースだと思います。