競馬ニュース速報|予想結果まとめ

競馬(jra)の予想や結果などを紹介します。重賞のレース後の騎手コメントなども紹介していきます。競馬生涯収支マイナス500万円の管理人の予想も公開していきます。生涯収支プラスになるようにがんばります。

2017年米子ステークスの傾向【WIN5】

スポンサードリンク

今週のWIN5は頭数が少ないので、買い目が少なくて済みそうなので、チャンスかもしれませんね。当たる確率は必ず高くなっています。こういう時こそ狙いたいですね。

 

または、キャリーオーバーした時ですね。キャリーオーバーしたら、その分お金が増えるので、単純に期待値は増えていきますよね。買う人も増えるので、当たれば高配当も期待ができそうですが、実際キャリーオーバーした時は、あまり大きな配当は過去にはないんですよね。

 

アーネストリーが勝った宝塚記念の時始めてキャリーオーバーしましたけど、次の週のWIN5の配当は2万円の払い戻しでしたね。

 

まぁアーネストリーの時WIN5は最大2億円だったので、キャリーオーバーも少なかったんですけどね。

 

少し、話がそれましたね。それでは米子ステークスの特別登録馬を紹介していこうと思います。去年はG1馬クイーンズリングが出走して2着でしたね。今年もよいメンバーなので、勝ち馬には注目したいところです。

 

米子ステークス
サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン 別定 1600m 芝・右 外


アルマワイオリ 56.0
グァンチャーレ 56.0
サトノラーゼン 57.0
ダノンメジャー 57.0
ピンポン 56.0
ブラックムーン 57.0
ベステンダンク 56.0
ベルキャニオン 56.0
ムーンクレスト 56.0
ライズトゥフェイム 56.0
ラングレー57.0

 

米子ステークスの傾向

・外枠が有利

・先行差しが有利で先行馬は複勝率40%

・過去10年でサンデーサイレンス系が絡まなかったことなし

 

傾向から注目はベルキャニオン

 

父親ディープインパクトそして先行馬ということもあり、ベルキャニオンが一番良いと思います。おそらく、サトノラーゼングァンチャーレがいるのでそこまで人気にもならないと思います。

 

WIN5はこの1頭でしぼりたいですね。