競馬ニュース速報|予想結果まとめ

競馬(jra)の予想や結果などを紹介します。重賞のレース後の騎手コメントなども紹介していきます。競馬生涯収支マイナス500万円の管理人の予想も公開していきます。生涯収支プラスになるようにがんばります。

6月18日のWIN5予想!

スポンサードリンク

今週のWIN5は頭数が少ないので、チャンスですね。少ない頭数の時は少なめの買い目でどうにか的中させたいものです。

 

では、さっそくですが、WIN5の予想を紹介していきます。

 

WIN5

1レース目 阪神10R灘ステークス

本命1番ストロングバローズ

 

ジャパンカップダートダービーからすこし、調子を崩しているが、休み明けから、少しずつ変化が出てきているとおもいます。鞍上も石川騎手から川田騎手になっているところを見ると、ここは狙いだと思います。

 

今年のフェブラリーステークスの勝ち馬と首差まで詰めた実力馬だけに軽視は禁物、前走の16着は叩きで、今回こそねらい目のはず

 

2レース目東京 10R 芦ノ湖特別

本命7番サウンドメモリー

相手11番ダノンキングダム

 

このレースは3歳馬が有利のレースなので、ダノンキングダムが良いと思いますが、おそらく1番人気になると思います。先週は追い込み馬が結構決まっただけに、今週も追い込みで決まる可能性は高いです。

 

本命はサウンドメモリーにします。2400mの成績はいまいちですが、横山典弘騎手に鞍上がかわり、馬場的にも差し馬がによい馬場だと思います。ソールインパクトもきになりあmすが、少し斤量が重いところから、サウンドメモリーを選びました。

 

3レース目 函館11R函館スプリントステークス

本命4番エポワス

相手7番エイシンブルズアイ

  12番セイウンコウセイ

 

斤量に恵まれたセイウンコウセイが一番勝ちそうですが、洋芝適性がどうでるかわかりません。このレースは洋芝適性が重要です。9歳馬ですが、洋芝適性もバッチりですし、最近の走りが良くなっているエポワスこそがねらい目とみています。

 

去年よりも良い状態+鞍上も強化だけに、頭まであると思います。

 

4レース目 阪神11R米子ステークス

本命9番ベルキャニオン

相手6番グァンチャーレ

  7番ベステケダンク

 

まだまだ開幕したばかりの阪神だけに、前は止まらないと思います。前走ロワアブソリュートにも勝ったベルキャニオンなら逃げ切り勝ちもあると思います。相手はマイルで重賞勝ちをしているグァンチャーレです。また、重賞で好走しているストーミーシーに0.2秒差で勝ったベステケダンクも抑えないといけない1頭です。

 

5レース目 東京11R ユニコーンステークス

本命15番サンライズノア

相手4番リエノテソーロ

 

実力からいうとリエノテソーロで1択ですが、枠順からサンライズノアにもチャンスがあるようにおもえます。岩崎騎手の初重賞制覇を見届けましょう。

 

WIN5の予想

1レース目

1番

2レース目

7番、11番

3レース目

4番、7番、12番

4レース目

6番、7番、9番

5レース目

4番、15番

 

 

以上がWIN5の予想です。今回は少なめの32点なので、どうなるか楽しみですね。1レース目が少し不安なので、もう少し抑えていてもよいかもしれませんね。