競馬ニュース速報|予想結果まとめ

競馬(jra)の予想や結果などを紹介します。重賞のレース後の騎手コメントなども紹介していきます。競馬生涯収支マイナス500万円の管理人の予想も公開していきます。生涯収支プラスになるようにがんばります。

宝塚記念に出走するキタサンブラックに思うこと

スポンサードリンク

去年の年度代表馬であるキタサンブラック今まで16戦して10勝そして、その10勝中G1が5勝とディープインパクトに並ぶ勢いがありますよね。

 

さらに、オーナーさんがあの北島三郎だけに、人気もすごいですよね。去年の宝塚記念は、ハイペースの中、手ごたえがよかったラブリーデイに刺されず3着と強い競馬をしていたのが印象的でした。

 

今回も、前に行く馬はいません。ので、死角という死角が見当たらないというのが、正直な感想です。去年はハイペースで逃げたことで強い競馬をしましたが、今年は、スローペース濃厚だと思います。

 

ここ最近の走りをみると、キタサンブラックにペースを作らせると勝てないという印象があります。ただ、先行馬はサトノクラウンゴールドアクターと実力馬そして、ゴールドアクターには、神騎乗というか予測不能な横山典弘騎手が騎乗するだけに、キタサンブラックにはきつい流れになる可能性もありますよね。

 

キタサンブラック唯一の負けは、日本ダービーでずが、その時の大きな敗因は大外枠だと思います。今回小頭数だけに、大外枠を引いても、大きな死角になることはありません。

 

リピーターレースそして、去年よりもメンバーは弱くなったことを考えれば、キタサンブラックが負けることは、10%もないと思います。今のところ、キタサンブラックの不安要素は、横山典弘騎手だと思います。

 

アンビシャスで横山典弘騎手はキタサンブラックに勝ったことがあります。あの時のアンビシャスのような騎乗をすればきっと勝つことも可能性としてはありますし、有馬記念勝馬だけに注意は必要かもしれませんね。

 

キタサンブラックは特別書くことはこのくらいですね。おそらく落馬をしない限りは、キタサンブラックが馬券買いに外れることはないと思います。